スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古(いにし)えホテル:菊池秀行

inisie-book
久しぶりに 実家にある本棚の奥から 引っぱり出したこの本。
自分が買った本であることすら忘れてて ページを開いてから思い出しました。

ホテルを舞台にして 男と女の間に ホラーと言うよりは
摩訶不思議な出来事が起こり それがあるときは推理物のような現実的な展開だったり またあるときはファンタジーだったりといった短編がいろいろ詰まっています。

この中で 「メイク・アップ・ストーリー」というのがあって
それには 永遠に年を取らない吸血鬼のような人物が出てくるのですが
”その人物が口づけた紫の薔薇はいつまでも瑞々しく枯れないのだった”~
というエピソードがあって ・・・・うひゃー
個人的に驚きました。
 ああ、私はこの話のエピソードが脳内の何処かに残っていて
拙宅の”Present For You”という拙文を書いたのね! と。
Present~を書いたときは、完全にこの本の存在すら忘れていたんですから。
なんだか 心の引き出しの奥に引っかかっていた無くし物を見つけたような
うれしいようなくすぐったいような気分になりました。

にしても 菊池さんの文章って 歯切れが良くて 格好いい・・
菊池さんといえば 「吸血鬼ハンターD」シリーズが有名だし
私も好んで良く読みました。
ああ、まだまだ「D」最新刊:吸血鬼ハンターD(17)とか出てるし また読みたくなってきましたよ!




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

悠里

  • Author:悠里
  • ようこそ。
    こちらは本宅[TokimekiLaboratory]の
    更新詳細と日々徒然独り言、
    色々なレビューなどを書いている所です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
なんでも揃う~♪



Look at...!☆





カテゴリー
最近の記事
おすすめデス







管理人もやってます
gooリサーチモニターに登録!
ほんとに早くポイントがたまるのでお薦め!


Tree-Arcive
QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。