スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水出し珈琲がこんなに簡単に作れるなんて・・・!

ac298003.jpgもともと相棒は水出し珈琲のことを知っていて 
あれは美味しい! と言っていたのですが。

今までの水出し珈琲の作り方と言えば、
ガラス製でサイフォンのおばけみたいな
(からふね屋という水出し珈琲を出してくれるお店ご存じですか?
そこへいくと見ることが出来ます)
水出し専用の”道具”が必要で、挽いた豆に少しずつ水を滴下する
仕組みがあって、その滴下する水の量の調節とか 
すごーーーーく 難しかったんです。
だから少し、面倒で 作るのに二の足を踏んでしまう。

なのにこのポットときたら 凄い簡単!!!!
に水出し珈琲を作ってのけるんです。

挽いた豆を計量するスプーン8杯を中にあるフィルターに入れて
ガラス容器にセットして その上から水をすこしずつ入れる。
このとき豆を少しまぜながら入れると良いそうで。
(まぜすぎると苦みが出て宜しくないので程々に)
ポットすれすれ一杯に水を入れたら蓋をして冷蔵庫へポン。
あと8時間待てば水出し珈琲の出来上がり!

8時間もかかるので、寝る前にセットしておけば 朝食のときに
飲める。。といったところでしょうか。
普通のお湯で入れる入れ方と比較してしまうと
少し時間がかかって厄介なのですが
過去の水出し珈琲の作り方を知っている人にとっては
もうこれは革命物です。画期的なのです。
そして
すっきりとした味わいで 美味しいです。やみつき・・・
箱に書いてあった宣伝文句を引用すると


熱による酸化を防ぎ 珈琲豆本来の味を引き出すことが出来ます。
深いコクと風味、まろやかな口当たりをお楽しみ下さい



だそうで!

電動の水出し珈琲メーカーとか出てるんですが、それが6000円以上するのに このポットはその6分の1以下の値段で手に入ります。

夏、アイスコーヒーが美味しい季節には まさにもってこいの
アイテムでありましたv買ってヨカッタvvv
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

こんばんはv 水出し珈琲と言う文字に惹かれて
思わずカキコです…

おいしいですよね~v 
確かに、普通に淹れたものを冷やしても
おいしいっちゃおいしいのですが
水出しの方が、何となく味が丸い気がします
うちにあるのはランプのおばけみたいなやつ(ハリオの「ポタ」)なのですが
ご指摘どおり、水の滴下量が難しい(大幅に味が変わってしまう…)ので、
好みの味に仕上げるまではしばらく掛かりました
今はもうその量にねじをあわせっぱなしなので、そうでもないですけどね
アイスコーヒーが美味しい季節になりました…

2005年07月16日 19:17
Posted at 2005.07.26 (18:57) by しずく (URL) | [編集]
こんにちは~

反応してくださって嬉しいです(*^_^*)。
おおぅしずく様も水出し派ですね!
しかも常飲されてて・・・
私もそれやってみたかったんですよv
毎日水出し珈琲生活vvv

ただ、ランプのおばけみたい(笑)な道具が
実は相棒のお父様所有のもので
我が家専用の道具を用意しようと思ったときに
この便利そう&安い!道具をハケーンしたので
(お財布事情にぴったりで(笑))
買ってみたのでした~♪

ねね、夏はやっぱり アイスですよね。
うちの朝食、トーストとコーヒーなのですが
夏場はいつもアイスです。

・・・・クーラーを意地はって
なかなかスイッチ入れないからね♪
冷たいのが嬉しいの~えへへ
2005年07月20日 03:24
Posted at 2005.07.26 (18:58) by 悠里 (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

悠里

  • Author:悠里
  • ようこそ。
    こちらは本宅[TokimekiLaboratory]の
    更新詳細と日々徒然独り言、
    色々なレビューなどを書いている所です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
なんでも揃う~♪



Look at...!☆





カテゴリー
最近の記事
おすすめデス







管理人もやってます
gooリサーチモニターに登録!
ほんとに早くポイントがたまるのでお薦め!


Tree-Arcive
QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。