スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックバトン答えてみました。

こんにちは。ようよう様のとこから頂いたバトン 本版 
答えマース。

持っている本の冊数
・・・・わかりません((;^_^A アセアセ…
いえね、図書館が近くにないので なるべく中古屋さんとかで入手したり
無い本はネットで購入して読み終わったら中古屋さんへ売ったりしますから
とても流動的で・・・
気に入った本は勿論そのままおうちの子になります。
数えるのは・・・・面倒がっているだけです ごめん

最後に買った本(既読、未読問わず)

龍笛の巻
陰陽師 龍笛の巻/夢枕獏



この方の陰陽師シリーズも良く読んでいて。新しく文庫化されたやつです。
もう購入してて読みたくてうずうずしてるんですが!まだ手つかず・・・はぅ






ーーーーー

今読みかけの本 or 読もうと思っている本

11分間
11分間/パウロ・コエーリョ



気ーにーなーるー!
文庫化されたら即買いなのですが~
宗教色が濃い方の作品なのに エロチックな内容で え?ええ??と 
気になるのです。 




悪魔とプリン嬢
悪魔とプリン嬢/パウロ・コエーリョ




もうすぐクライマックスまで読み切ります
これも宗教色が濃いです・・が ハラハラドキドキが存在するのです。
”悪魔”とお嬢さんの駆け引き、といいましょうか。





ゴルゴン
ゴルゴン/タニス・リー




お気に入りのブログで紹介されていた作者さんの本のひとつ。
美しい文で綴られるヤングアダルトファンタジー。少し読み始めました。



「ウルフ・タワー」シリーズの第1巻はもう読んだんだけど。



特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)


ピエドラ川のほとりで私は泣いた
ピエドラ川のほとりで私は泣いた/パウロ・コエーリョ




これは ふらっと入った本屋で出逢った本。キリスト宗教色が濃いのですが
せつない恋系。






星へ行く船
星へ行く船/新井素子




私がコバルト文庫にはまった一冊目の 記念すべき本。






モモ
モモ/ミヒャエル・エンデ




小学生の時に読んだのですが かなり分厚くて 意地になって読んだ覚えが(笑
同じ人の ほら、はてしない物語 も読みましたよー
同じように ごっつい分厚いの。どちらもファンタジー。





いま、そこにある危機/トム・クランシー



相棒に貸して貰って読んだ本。この方のシリーズ何冊か読んでます。
ハードボイルドというか、もうモロ世界情勢を先読みした本(勿論フィクション)で 
教皇暗殺とか 同時多発テロ とか もう この人の本読んで起きたんじゃなかろかと
そんな空恐ろしいことを考えてしまいますよ


秘密
秘密/東野圭吾




うーん 最近涙する本 てのに会っていないよなぁ・・・
そんな中で とても泣けた本です。
数奇な運命のなかで 家族でお互いを思いやって そして 別れは・・・。



-----

次にまわす人5人まで

ええと 

今現在のところ okv と言って下さったのは

美波様「サクラサク」
しずく様「Lazy Life」
木滑ユミ様

です。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ふむふむ 全然知らない作家さんばかりで、勉強になります。
頭にメモっときました。機会があったら読んでみたいですッ

『モモ』は意地になっても小学生で読めるものなの?わたし三十過ぎても読んでないよOTL
ああ、もう脳内BGMはもうリマールのあの歌が、リフレインしてる~止めて~~ww

2005-07-09 16:31:36
Posted at 2005.07.26 (09:09) by ようよう (URL) | [編集]
こにちはー♪
私もようよう様バトンの作家様 知らない方ばかりで
新しいジャンルを読むきっかけになりそうで
とっても興味深かったです!

音楽のもでしたがこういうバトンて 楽しいなと
思います。まわして下さって有り難うございました~

>モモ
あれはねー
ほんと体育会系のマラソンなノリで読みました
その当時水泳部なんかでがんばっていたのですが
その忍耐力で読んだのかな
持久力要りますよマジ。すげー分厚いですからねぇ;
今はもう読む気力ないでし(笑)

♪ねーばーえんでぃんぐすとーーりー♪
この曲思い出そうとすると ディ●ニー「アラジン」の
テーマソングがさきにかぶって来るんです(笑

2005-07-10 08:11:32
Posted at 2005.07.26 (09:10) by 悠里 (URL) | [編集]
こんばんは、悠里さんv
んもう、触れたくなる本ばかりで
ニマニマしてしまいました~

まず「星へ行く船」…ああっ 素子姫が!
このシリーズも長かったですよね…関係ないですが私はこの本のおかげで「一郎」だけではなく「太郎」も長男という意味なのだと知りました(単なる無知…)v

「秘密」…映画でしたっけドラマでしたっけ…広末涼子が主演だったのって…
悲しいというかなんというかなラストに、余韻の残るお父さんの姿が涙を誘いますよね…
2005-07-11 19:39:22
Posted at 2005.07.26 (09:11) by しずく (URL) | [編集]
しずく様いらっしゃいませvv

新井素子さんのコバルト、色々読みあさった覚えがあります(^_^)
星へ行く船シリーズも もっともっと読みたいーってんで
確か全部読んだデス。
>太郎
あるある!そういうこと~
本を読んで漸く知るっつーこと、この年になってもときおり
遭遇しておりますうはは#

>秘密
そういやドラマになってましたねー
私はくどくて申し訳ないんですが(;^_^A アセアセ
テレビ・ドラマ見ない奴でして このお話も
活字でしか知らなくて、
それでもヒロスエが”娘”役やってるのとかは
宣伝とかで知ったのですが
なんともいえない不可思議な境遇の家族で
そしてお父さんが ラストすごく可哀相だったです・・・うんうん。
2005-07-12 09:51:32
Posted at 2005.07.26 (09:12) by 悠里 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

悠里

  • Author:悠里
  • ようこそ。
    こちらは本宅[TokimekiLaboratory]の
    更新詳細と日々徒然独り言、
    色々なレビューなどを書いている所です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
なんでも揃う~♪



Look at...!☆





カテゴリー
最近の記事
おすすめデス







管理人もやってます
gooリサーチモニターに登録!
ほんとに早くポイントがたまるのでお薦め!


Tree-Arcive
QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。